栃木県栃木市の蔵造りの観光ストリートにある【日光珈琲 蔵の街店】

こんにちは!chiku(@chikugurume)です☘

 

栃木県内にいくつもの店舗がある日光珈琲。その中でも蔵造りの街並みが美しい栃木市内にある蔵の街店へ行ってきました。

暑い日だったのでコーヒーではなく、栃木市らしさを感じるドリンクとひんやり冷たいかき氷を満喫しましたよ〜!

 

この記事では蔵の街店の魅力をお届けします🍀

「日光珈琲」って?

お店の特徴をサクッと紹介!

お店の特徴
  • 鹿沼市に本店がある他、栃木県内にいくつも店舗がある珈琲店
  • オリジナルブランド珈琲がいくつかあり、その他にも色々なドリンクを楽しめる
  • コーヒーに合うスコーンも販売している
  • かき氷を販売している店舗もあり、かき氷はテイクアウトも可能
  • 店舗によって提供するメニューが変わる
  • 蔵の街店は江戸時代後期に作られた歴史ある建物で営業している

お店の外観

歴史を感じる建物が店舗になっています

実際に食べてみた

温州みかんのかき氷

日光天然氷を使用したかき氷を楽しめるとのことで、暑い日だったので気になり食べることに🤤定番のいちごなどもありましたが、温州みかんが気になって食べました🍊

温州みかんのかき氷 770円+練乳がけ(110円)

甘酸っぱいみかんシロップに、あま~い練乳の味が重なってとっても美味しいふわふわなかき氷です😋

暑い日だったこともあり、食べる手が止まりませんでした!めちゃくちゃ美味しくて、あと一口、もう一口…と食べ進めるとあっという間になくなるくらい美味しかったです♡

添えられていたお手拭きが入っている袋

神社(ジンジャー)エール

神社エール 550円

近くに神明宮と言う神社がある蔵造り店。それにちなんでなのか、ジンジャーエールの商品名は「神社ジンジャーエール」と言う洒落がきいた名前になっています。

ジンジャーエールと言うとオレンジ色や茶色っぽい色のソーダが浮かぶと思います。日光珈琲のジンジャーエールはピンク色!これは岩下の新生姜にちなんでこの色になっているのだと思います。

蔵造り店の近くには岩下の新生姜ミュージアムと言う、入場無料の岩下の新生姜の魅力を楽しめる観光施設があり、岩下の新生姜を色々な形で楽しめるのです。ミュージアムだけでなく、周辺にあるこのお店でも、このような形で岩下の新生姜を楽しめるのがなんだか嬉しかったなぁ。地元愛を感じます🍀

気になるお味はかなり辛め!甘さはほぼありません。生姜のピリッとくる辛さとソーダのビリビリ感をしっかり感じるドリンクになっています。ガムシロップが添えられているので、甘さが欲しい人はお好みで入れましょう。

chiku

この辛さがけっこうクセになる美味しさでした😋

まとめ

  • ふわふわかき氷めっちゃ美味しい🥺
  • ジンジャーエールもピリッと辛い味わいがクセになる美味しさでした♪
  • 今度はコーヒーも飲みたいし、他の店舗も行ってみた〜い!

アクセス情報

アクセス情報はこちら
  • 住所:栃木県栃木市万町4
  • 電話番号:0282-21-8119
  • 営業時間:11:00〜21:00
  • 定休日:月曜日、第1・3火曜日
  • 駐車場:なし
  • 公式サイトはこちら
  • 公式インスタグラムはこちら

以上、日光珈琲 蔵の街店の紹介でした!

素敵な空間で素敵なカフェタイムを過ごすことが出来るお店でした☺️

 

最後まで読んで下さりありがとうございました☘

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください