京都の街中にある小さなパン屋さん【Rauk/ルーク】

こんにちは!chiku(@chikugurume)です☘

 

京都観光の途中、街中を歩いていてふと見かけたパン屋さんBoulangerie Raukルーク。朝から営業している京都の街中にある小さな可愛いお店です。

場所は京都駅からも比較的近い大きなお寺、東本願寺と西本願寺の間の通りです。

この記事ではお店の雰囲気や買って食べたパンを紹介します!

「Rauk」って?

お店の特徴をサクッと紹介!

お店の特徴
  • 京都駅からも比較的近い東本願寺・西本願寺の間にある京都の街並みに溶け込んだ雰囲気が魅力のパン屋さん
  • 1つ1つの作業にこだわり、パン作りをしている
  • パンに使っているペストリーまで自家製で、添加物を使っていない
  • ここでしか楽しめないパンを楽しめるお店
  • 朝7時半からオープンしているので、朝ごはんを買うのにもオススメ

お店の外観と店内に並ぶ魅力的なパンたち

可愛い外観の小さなパン屋さんです

カリフォルニア宇治が看板メニュー!!

外のおしゃれなロゴとぶら下がるぬいぐるみ

トレーとトングを手に取って、気になるパンを選びましょう

たくさん並ぶサンドイッチ

トレーの隣に並ぶパンたち

オープンしたばかりの時間だったので、メニューの札がまだ並んでいない棚もありました

クロワッサン!!

聞き慣れない名前のパンも丁寧に商品説明が書かれています

デニッシュパンもあるぞ!

デニッシュ系とガトーショコラ

小さいサイズの袋売りもあるぞ!

朝早かったので、まだ看板メニューのカリフォルニア宇治が焼き上がっておらず、気になったのですが買えませんでした😭いつかリベンジしたい!!

それにしても、パン屋さんってすごいですよね〜。朝早くから起きて、毎日焼き立てのパンを棚に並べて…朝の店内は焼きたてパンの香りに包まれているのも魅力的でした🤤

実際に食べてみた

京野菜 水菜のサンド

京野菜 水菜のサンド 280円

京野菜の1つである水菜をメインにしたサンドイッチがあったので気になって購入!!

シャキシャキ食感の水菜がたっぷりサンドされていて、この食感がすっごく好きでした☺️

味付けのベースはマヨネーズ。薄くスライスされたトマトも合わせてサンドされていて、マヨベースのしょっぱい味付けにトマトの味も重なり、美味しい味になっています😋

ハムやたまご、チーズなどはサンドされていないので、野菜メインの味を楽しみたい!と言う人にオススメです♪

甘いデニッシュ

メニュー名がわからなかったのですが、気になって買ったのがこちらのデニッシュパンです!値段もメモし忘れた…💦

上にシュガーとピスタチオがたっぷりかかっているぞ!

中にクリームが入っています♡

ふわふわ食感のデニッシュ生地がまず良き☺️

中に入っているクリームもとっても濃厚で、甘い系パンが好きな人にオススメです♪

まとめ

  • お店の雰囲気がまず魅力的!
  • 水菜のサンドオススメです♪
  • カリフォルニア宇治、食べてみたいなぁ

アクセス情報

アクセス情報はこちら
  • 住所:〒京都府京都市下京区福本町西洞院通七条上ル福本町422-2
  • 電話番号:075-361-6789
  • 営業時間:7:00〜18:30
  • 定休日:木曜日
  • 駐車場:なし
  • 公式サイトはこちら

以上、Raukの紹介でした!通りがかりで寄ったパン屋さん、素敵なお店だったなぁ

 

最後まで読んで下さりありがとうございました☘

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください